福岡の空手道場極真館福岡県南支部

極真空手道連盟 極真館 福岡県南支部

電話0944-22-2232 極真館への資料請求、ご入会等についてのお問い合わせはコチラヘ

HOME  >  極真館の紹介

極真館への資料請求は、こちらへ

極真館 福岡県南支部の館長紹介

極真館 福岡県南支部の過去の大会

お問い合わせ

極真空手道連盟

極真館 福岡県南支部

【事務所】
〒839-0213
福岡県みやま市高田町江浦町500-2

TEL:0944-22-2232

携帯:090-9479-8075

info@kyokushinkan-fukuoka.com


極真館の紹介

極真館は、国内には60以上、海外には100以上の支部を有する空手道の団体です。
従来のフルコンタクト空手ルール、型競技に加え、真剣勝負ルールと呼ばれる手技による上段攻撃を認めたルールを採用しています。また、武器術の稽古も行っています。

「天地一拳」 空手を志す者の道は一つである。「天下布拳」 空手道を広めることで、平和を願うものである。

館長 盧山 初男

館長 盧山 初男


1948年3月31日埼玉県出身。

高校1年の秋、池袋の大山道場に入門。

大山倍達極真会館総裁を初め、多くの極真の獅子たちの下で極真魂の神髄を学ぶ。

1973年、第5回全日本空手道選手権大会に優勝。

1980年4月より埼玉県に支部道場を開設、支部長として後進の指導にあたる。
そのかたわら、真の強さを求めて自己の修行に励む。

1994年4月、大山倍達総裁ご逝去。
新体制のもと極真会館の最高顧問主席師範に就任する。

2002年12月、大山倍達総裁の遺志を継いで真の武道空手を追求するため、極真空手道連盟極真館を設立し、館長に就任する。

佐藤塾佐藤勝昭塾長(左)・大道塾東孝塾長(右) 脩己会最高顧問倉本成春師範 還暦祝いの赤い道着で正拳突きをする館長
佐藤塾佐藤勝昭塾長(左)・大道塾東孝塾長(右) 脩己会最高顧問倉本成春師範 還暦祝いの赤い道着で正拳突きをする館長

本部長 湖山 彰夫

本部長 湖山 彰夫


1958年8月鳥取県出身

21歳で極真会館総本部入門。
後に盧山道場に移籍し、盧山泊初代寮長を務める。
盧山道場で武道空手の神髄を学んだ後、極真会館山陰支部長 として活躍。

首席師範 岡崎 寛人

首席師範 岡崎 寛人


1961年4月福島県出身。

中学1年生で極真空手を始める。

高校卒業後、盧山道場に入門し内弟子となる。

福島県支部時代から盧山師範の薫陶を受け、 盧山空手の神髄を学んだ後、福島県支部長として活躍。 また古流空手道、居合道などを学び、型の第一人者として 知られている。

極真館 総本部


〒335-0002
埼玉県蕨市塚越5−5−3
TEL / 048-420-9855
FAX / 048-420-9856


 

このページの先頭へ